過去に書いた記事

電子入札に必要なパソコンとソフト

電子入札を利用するためには、参加資格の他に、電子証明書(ICカード)とICカードリーダーが必要になります。
しかしそれ以前に検討しなければいけないもの、それはパソコンとネット環境です。

パソコンに関しては殆どの事業者で既に導入されているかと思いますが、何でもよいというわけではありません。

例えば殆どの自治体で普及率の高いはずのiPhoneやiPadなどは対応していません。

電子調達に参加する場合には、相手方に合わせたOS(Windowsなど)やブラウザー(未だにInternet Explorerが多い)、システムによっては、Javaなどの「バージョン」が重要になってきます。

ICカードとICカードリーダーは、無料ではありませんし、取得・購入後のセットアップにも、Javaや、Internet Explorerなどブラウザーのバージョンの管理や、普段は使わない部分の設定に関する知識が多少なりとも必要になってきます。

「パソコンの知識が人より豊富」といったレベルで、マニュアルなどを読まずに設定を始めてしまうと、失敗してしまう事もあります。
何より、私自身がそうでした。

ですので、まずはきちんとマニュアルを画面に表示するか印刷して手元に置き、一つ一つの作業を確実にチェックしながら進めることを、強くおススメします。

それでは、一つずつわかりやすく解説します。

パソコン等の準備

可能であれば電子入札にしか使わない、専用のパソコンを用意してください。理由は、Windowsのバージョン、Internet Explorerのバージョン、Javaのバージョンをきちんと対応、管理しなければならないからです。
必ずしも最新のバージョンが推奨環境に適合しているわけではありません。

入札に参加したい自治体などのサイトで推奨環境を確認し、メモで書き残してください。特にWindowsのバージョンには注意してください。

新しいOSのバージョンがリリースされた場合、市場で購入できるパソコンよりも古いWindowsが推奨環境に指定されていることもあります。

以下のOS、ブラウザ、JAVA実行環境が利用できます。

平成31年1月11日(金)から

ハードウェア
項目仕様備考
1パソコン本体OSがサポートしているPC/AT互換機(DOS/V)
2画面解像度XGA(1024×768)以上のカラーモニタ
3CPUIntel CoreDuo 1.6GHz同等以上
4メモリ1GB以上WDDM対応グラフィックプロセッサ VRAM 128MB以上の登載を推奨
5HDD1ドライブに空き容量が1.0GB以上
6CD-ROMCD-ROMドライブ×1
7インターフェイスご契約中の認証局(連絡先はこちら)の仕様にあったICカードリーダーが接続可能なインターフェイスがあること。(別ウィンドウで対応認証局のお問い合わせ先一覧ページが開きます)
8ICカードリーダーご契約中の認証局(連絡先はこちら)から提供されたものをご使用ください。
9通信回線64Kbps以上ADSL,CATV等を推奨
ソフトウェア

以下のOS、ブラウザ、JAVA実行環境が利用できます。
組み合わせ一覧についてはこちらからご覧ください。
●OS及びブラウザ(ブラウザは日本語版且つ32bit版に限る)
・Windows 7 SP1 (HomePremium/Professional) 32bit/64bit 及び Internet Explorer 11
・Windows 8.1 (無印/Pro) 32bit/64bit 及び Internet Explorer 11
・Windows 10 (Home/Pro) 及び Internet Explorer 11(Microsoft Edgeには対応していません)
●JAVA実行環境(32bit版に限る)
・JRE7.0  Update 15/45
・JRE8.0  Update 25/65/71/101/161/191
※JAVA実行環境のインストールに関するお問い合わせは各認証局までお願いいたします。

いかがでしょうか。

初稿執筆時と違ってWindows10には対応されましたが、ブラウザに限っては32bit版です。
しかも、インターネットエクスプローラーのバージョン11だけ。
Windows10で標準のブラウザーである、Microsoft Edgeはまだまだ使えそうにありません。

このように「FirefoxやGoogle Chromeでもいいのでは?」というのは、まったく当てはまりません。

とにかく推奨環境のチェック、バージョンの管理が必要なので、そういうことを管理できる人なら良いですが、できるなら勝手にアップデートされたりしない専門のPCがあった方が良い、と思います。

もちろん、JAVAの自動アップデートなども「しない」と設定してください。

というわけでパソコンは何でも良いわけではなく、OSとIEとJAVA実行環境のバージョンに注意して選んでください。

ソフトウェア等の準備

その他必ずしもマストアイテムというわけではありませんが、Microsoft Officeが必要になります。
これは、始めてみたら分かりますが、配布される「仕様書」(その仕事の詳しい内容が書かれている書類)がExcelだったりWordだったりします(PDFも最近は多いです)。

フリーのofficeスイート(Libre Officeとか)などは私も試してみましたが、レイアウトが崩れてしまい、大事なところが読めなかったりしました。
結局他のMS Officeがインストールされているパソコンで開き、プリントアウトするという大変面倒くさい事態になってしまいました。
効率化を考えて電子入札を導入するというのに、それでは本末転倒です。

行政機関によっては、LibreOfficeを導入している所もあるようですので、その場合には大丈夫なのでしょうが、通常はMicrosoft Officeを使われている事が多いようですので、同じように表示できるソフトウェアを揃えておくことが必要になります。

ですので、Microsoft Office付きのパソコンで、Windowsのバージョンが適切なバージョンのものを選ぶことになります。

最近ではMicrosoftのサブスクリプションもあります。これは私も使っていますが、5台のパソコンにインストールでき、1TBのパーソナルクラウドOneDriveなども使えるので、オススメです。

電子入札パソコンはデスクトップ?それともノート型?

タイプとしては、ノート型でもデスクトップでも構いませんが、どちらも一長一短があります。

ノート型は出張先からも調達に参加できるという利点がありますが、デスクトップは画面の選択が幅広いです。そのあたりは入札でもそれ以外でも、検討する点としては同じです。

後はお好みで・・・と言いたいところなのですが、例えばノート型(一体型も含めて)の場合、液晶画面が壊れたらどうしたらいいでしょうか?
DVDが壊れたら・・・キーボードが・・・HDDが・・・(HDDは取り替えれば済みます)液晶画面が修理されて御社に届くまでは入札に参加できないとしたら、悲惨です。

私も、出先にモバイルルーターやiPhoneのテザリング+ノートPCで、出先などから調達情報のチェックはしています。
どうしても会社に戻れない時に新規の入札案件を確認したかったり、仕様書をダウンロードしたかったりする場合です。

ドコモXi電波対応のルーター!シーモバイル
私の場合は、三重県の山奥でもしっかりと電波を捕まえることができなければならないので、NTTドコモの電波を使える格安モバイルルーターを持つようにしています。

しかし、ICカードリーダーを繋げてじっくりと入札に取り組む時には、会社の専用のデスクトップパソコンです。
しかも画面は27インチのかなり大きな画面です。(私のノートパソコンは13.5インチですので、4倍の大きさになります。)

つまり、会社でじっくり(デスクトップ+大型液晶画面)、出先でサクっと(モバイルルーター+ノートPC)。
こういうデュアル環境が、私のおススメする環境になります。

仕様書を画面半分で開き、ネットで前回の落札価格を調査し・・・いろいろ同時に作業をするので、画面は広いに越したことはありません。

電子入札パソコンをどこで買う?

希望する仕様のパソコンが買えるのであれば、家電量販店でもネット通販でも構わないと思います。
しかしながら、家電量販店の場合、最新のOS搭載のパソコンしか置いてなく、古いOSが必要になってくる電子入札では使えない(将来的には使えるようになるでしょうが)事も考えられます。

その点、整備されて保証のついた中古パソコンもおすすです。

PAGE TOP