過去に書いた記事

キーワード で SEO に強いサイトを作る

WordPress ホームページ制作

WordPressを導入して、早速記事を書こうというということなら SEO に強いサイトを作りましょう。いくつかの事に気をつけて文章を書くだけで、検索サイトで 検索順位 が 上昇 するので、読んでもらえる機会が各段に増えます。

SEO の方法について キーワード の面から、いくつかの情報をピックアップして、お伝えします。

SEO キーワード

SEO の前にサイトを訪れた 検索キーワード を知る

SEO に強いサイトを作るためには、最初にしっかりと キーワード調査 を行うことが重要です。

その理由は訪問客がどのような キーワード であなたのウェブサイト、ホームページに訪れたのか?その キーワード を知ることで、検索サイトからあなたのサイトを訪れたユーザーの訪問の意図、すなわち検索ニーズを理解することができるからです。

また、その キーワード の総検索数や検索サイトでの検索需要の変化を理解することによって、あなたがどのような キーワード でコンテンツ記事を作れば、ユーザーの 検索意図 に応えることができ、結果的に検索サイトで上位表示されるためには、 どのようなキーワードを使うべきなのか がわかります。

つまり、最初に キーワード調査 や キーワード選定 をしておくことで、どのような キーワード でどのようなコンテンツを制作すれば、ユーザーから高い支持を得られるサイトになるのか?それがより明確にわかります。その結果、ユーザーそして検索サイトから、高く評価されるウェブサイトを作ることができる、という訳です。

このように キーワード調査 キーワード選定 というのは、おそらくあなたが考えていたよりも重要で、あなたのウェブサイトの集客の成果、ひいては企業の経営それ自体を大きく左右するものなのです。だからこそ キーワード選定 は時間をかけてじっくりと調査、選定することをおすすめします。

需要のある キーワード ない キーワード

ここで少し、検索需要のある キーワード とない キーワード (少ないキーワード)について記しておきます。

検索需要のある キーワード というのはそのままの意味ですが、多くの人が検索する、検索している実績のあるキーワードという意味です。これらの検索需要は、その内容で記事やサイトを作成すると、一見「大きなアクセス」が見込めると思われますが、実は同じようなことを考えて実行している、競合ウェブサイト(競合企業)も多いかもしれない、という点に気をつけてください。すでに、そのキーワードでたくさんのウェブサイトが多くの記事を書いているという場合も、もちろんあります。

その場合あなたのサイト、記事は後発組になってしまうので、そのキーワードの記事で上位表示を実現することは難しいでしょう。

逆に、検索需要の無い キーワード とは、例えばあなたが、たった今作った「造語」で検索をすることをイメージしてください。その造語が、たまたま何か従来から存在する キーワード であった場合は、何か関連するページが検索結果に表示されるでしょうが、全くの新語をあなたが創造した場合であれば、おそらくその新語について書かれたホームページやウェブサイトというものは、未だ存在しない、ということになることでしょう。

ただ、それで検索1位が確定!ハッピー!という訳では決してありません(もちろん、その言葉が検索サイトに登録(インデックス)されれば、そのページは検索結果に表示されます。実のところ、当社も実験済みです)。その新語で競争相手が存在しないため、造語で検索結果で1位になったとしても、その事自体は実はあまり意味がないのでは?ということです。

そもそもが存在しなかった、あなたが今考えた新しい造語なので、誰もその造語については探そうとしません、つまり検索されません。そのような理由から、そのような検索需要の無いワードや、逆に検索需要のあるキーワード、という概念をキーワード選定をする際には、考慮してみるべきでしょう。

会社名で検索するのは、知り合いか社員

誤解を恐れずに個人的見解を言えば、あなたの会社名で検索して順位が上か?下か?ということをよく尋ねられ、下なら会社名で検索した時に1位にしたい、という要望をいただくことも多いですが、あなたが新規のお客様をホームページから望んでいる場合、社名で検索した場合の順位というのは、実はそれほど意味が無いように思います。

なぜなら、「あなたの会社名」で検索する人というのは、そもそもあなたの会社を知っている人か、社員、社長、親戚くらいだからです。(大きい会社は想定しておりません)

そういう方向けにサイトを作る、という面ももちろん有りです。既にあるお客様や取引先の方などもあなたの会社を社名で探されると思いますので、決して無駄ということではありません。しかし、これからホームページ経由で、新たにお客さんを増やしたい、などという場合には、そういうことはあまり意識する必要がありません。この点は、理由をしっかり理解しておいてください。

キーワード の選定なく SEO に強いサイト作成は難しい

ウェブサイトやブログの集客を成功させる一番良い方法は、ユーザーが求めている情報やノウハウについて、120%の満足度を与えるべく、また、情報を提供することによる損得を考えずに、訪問したユーザーの立場を考え、親身になって寄り添い、情報、知識を提供する、このことに尽きます。しかしその前に「ユーザーのニーズ、検索意図」を正確に把握し、理解するようにしましょう。そして検索意図は、 SEOキーワード から知ることができます。

そして、それぞれの キーワード で検索してくるユーザーが、120%満足するコンテンツを届けると、それだけで SEO は確実に成功するといっても過言ではありません。

ここでお伝えする キーワード選定 は、訪問するユーザーにとって、最も価値のあるサイトを作り上げるために、理想的なサイト構造から計画し、その実行プランを作るための「基礎の基礎」といえる部分です。そして、 キーワード選定 を最初にしっかり行えば、ユーザーに対してだけではなく、検索エンジンに対しても自然と理想的なオススメしやすいサイトになるというわけです。結果的に、そのジャンルの様々な キーワード で上位表示されるようになり SEO すなわち、検索サイトからの集客効果が高まるといったことになります。

SEO 検索キーワード の探し方は Search Console編

サイトを訪れるユーザーが使用した 検索キーワード とは、一体どのように調べれば良いのでしょうか。

一番多い回答は、おそらくGoogle Search Consoleを使う、といったものではないでしょうか。もちろん、それが現時点での正解です。基本となる 検索キーワード を知る方法は、Googleサーチコンソールを使うのが良いでしょう。

Google Search Console は、Googleアカウントがあればだれでも無料で利用することができます。

キーワードの探し方は、他にもあります。

検索キーワード の探し方 Yahoo! 編

まだ多くのユーザーが利用しているヤフージャパン、Yahoo!を開いてみてください。そして検索ボックスに、 キーワード を何か入力してみましょう。すると、入力補助がオンになっている場合ですが、 キーワード候補 がいくつか表示されます。これは、Yahoo!で実際に検索がなされたという検索実績のある キーワード、すなわち、検索需要のある キーワード になります。

次に、その キーワード で実際に検索をしてみるとYahoo!での検索結果の上部と下部に、虫メガネのアイコンでいくつかの キーワード が表示されます。これも先ほどと同様に、一定数の検索実績のある キーワード ということになります。

わかりやすく言いかえると、検索需要のある キーワード というのは何を意味するのか?ということですが、そのキーワードでブログや記事を書けば、一定数の需要があるので、上位表示を狙うことが可能です、ということになります。

検索キーワード の探し方 ラッコキーワード編

その他に、 ラッコキーワード というサイトを御存じでしょうか。ここでは、GoogleやBING、YouTubeなどの検索機能も利用して、検索実績のあるキーワードを閲覧し、CSV形式でダウンロードすることもできます。

これらのいくつかの キーワードツール を使用して、どの キーワード であなたのサイト、ホームページが上位表示されたいのか?これを検討する、 キーワード候補リスト を作成することができます。

重要!どの キーワード で検索されたいか?重要

もう一つ、とても重要なことをお伝えします。あなたのホームページ、ウェブサイトですが、どのようなキーワードで上位表示したいとお考えでしょうか?この点、とても大事です。

たとえば、あなたの会社で取り扱っている製品や部品、商品名を キーワード としよう!あなたがそう思ったとします。

はたして、それで上位表示がかなうでしょうか?叶うでしょう。しかしそれが売り上げに結び付くでしょうか?

私は何とも申し上げることはできません。その製品、部品、商品名がとてもメジャーであればあなたの会社の売上について良い結果をもたらすことになるかもしれませんが、「そもそも商品名で探されるだろうか?」という点を検討してください。

例えば、こうです。

キーワード を決めるための分かりやすい一例

あなたが個人で学習塾を経営しているとしましょう。学習塾の特徴としては、こうです。「先生が東大卒」。

そこで、あなたは塾の特徴を検索キーワードに取り入れ、「東大卒の先生 学習塾」というキーワードが良いと思いました。この キーワード で検索されたときに 上位表示 しよう!というわけです。そしてその キーワード を使って、渾身の記事を作成します。

しかし半年後、サーチコンソールを見た結果、そのようなキーワードで検索して訪れた人は、ゼロでした。(1くらいはあるかもしれませんが)どういうことでしょうか?

検索する親(保護者や生徒)は、そのようなキーワードでは検索しなかった、ということです。

では、どのようなキーワードで学習塾のサイトを訪れていたでしょうか。実は、

●「A高校(進学校と呼ばれる学校)合格実績 学習塾」

などの「高校名+学習塾」といった キーワード での検索が多かった、というのが実際の結果です。

どのようなキーワードで訪問されたいか?それは言い換えると、あなたの来て欲しいお客様、客層が、【重要】「どのようなキーワードで検索するだろうか?」【重要】ここを検討することです。

あなたのような詳しい専門家の言葉を使わずに、一般の人なら検索する、というようなキーワードです。この例でいえば、塾の先生の言葉ではなく、生徒の親がどんな言葉で検索するか?そこを考えることが大事です。

SEO に強いサイト キーワード についてのまとめ

SEO に強いサイト、すなわち上位表示されるサイトを作成するためにまずは、

1. あなたのサイトを訪れるユーザーの 検索意図 検索キーワード を、Google サーチコンソールなどを使って知りましょう。訪問者(将来のお客様候補かもしれません!)のニーズを探ることができるでしょう。

2.上で紹介した、いろいろなキーワードを知ることのできるサイトを使い、 キーワード を調査してリストを作りましょう。

3.その結果、どの キーワード で訪問されたいか?それを元に、適切なウェブサイトの構造の設計をしましょう。

キーワードについては、まだまだ書き足りないですが、とりあえず最初に知っておくべき知識としては、これくらいの内容について理解しておくと、何も知らずに始めるよりは良い結果になると思います。

PAGE TOP